知ってます?間違わないアルファベットの伝え方!

知ってます?間違わないアルファベットの伝え方!
旅行会社や航空会社などで予約番号などを電話などで口頭で伝える場合、シー、ジー、ディーなど発音上間違って伝わらないようにするために以下のような感じで使われます。

 旅行会社、航空会社などの予約番号の場合

− A ABLE エーブル
− B BAKER ベーカー
− C CHARLIE チャーリー
− D DOG ドック
− E EASY イージー
− F FOX フォックス
− G GEORGE ジョージ
− H HOW ハウ
− I ITEM アイテム
− J JACK ジャック
− K KING キング
− L LOVE ラブ
− M MIKE マイク
− N NANCY ナンシー
− O OVER オーバー
− P PETER ピーター
− Q QUEEN クイーン
− R ROGAR ロジャー
− S SUGAR シュガー
− T TIGER タイガー
− U UNCLE アンクル
− V VICTORY ビクトリー
− W WHISKY ウィスキー
− X X-RAY エックスレイ
− Y YORK ヨーク
− Z ZEBRA ゼブラ

利用例

お客様の予約番号は、1TCMになります。数字の1から始まり、タイガーのT、チャーリーのC、マイクのMで1TCMになります。

バスや新幹線の座席番号の場合

− A AMERICA アメリカ
 − B BOSTON ボストン
 − C CHINA チャイナ
 − D DEUTSCH ドイツ
 − E ENGLAND イングランド

利用例

お客様の座席はは、15のEになります。15列目のイングランドのEの15Eになります。

用語集カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。